忍者ブログ
夜釣り仙人との出会いが爆釣をもたらした・・。  お金を掛けず楽にスズキやチヌ(黒鯛)等の大物を狙える釣りの紹介をしてます。そのほか釣行記なども随時UP!



 夜釣りに絶対忘れてはならない小道具第一位の懐中電灯。

 私は過去にこの懐中電灯を、忘れたと言うより海中に落としてしまったことがあり

 ます。

 当然その日は夜釣りをあきらめて帰りました。

 さらに電池が切れて使えなくなったこともあります。

 そういう時に限って魚がよく釣れるもので、帰るのもしゃくだから竿先ライトの光

 で仕掛けを結んだこともあります。

 でもほとんど暗くて見えません(笑)。

 
 それほど必要不可欠な懐中電灯ですが、使い方を間違えるとヤバイことになります。

 

 「海面のライト照らし」

 

 夜釣りでこれをやる方が結構いますよね。
 
 潮位を見たいのか何を見たいのかわからないが、やたらとライトで海面をチカチ

 カグルグル照らします(笑)。

 仕掛けを投げる度に意味もなく照らしたり、まれに魚が掛かったら引き揚げるま

 でライティングーッ。
 
 自分のみならず人の魚の取り込みまで丁寧に照らしてくれます。

 でもちょっと待ってください。


 それはヤバイです。
 

 海面をむやみにライトで照らすと魚が警戒して逃げます。
   
 そういう方が隣に来ると、私もそそくさと逃げます。
   
 特にチヌなどは音と光には異常に敏感です。
   

 私がライトをつけるのは仕掛作りの時とエサを付けるときだけ。

 しかも海に光が漏れないように・・。
   

 魚の取り込み中も私は出来るだけライトはつけません。
   
 暗い海面でモタモタと魚をすくい上げます。
   
 暗くて水面の魚が見えにくい場合はタモ網のふちにケミホタル等の科学発光体を

 付けて目印にしておくのもひとつの方法です。
   
 ただ、釣り上げた魚は魚種によっては危険なため、ライトで必ず確認をします。
   

 ライトの光をまったく気にされない人もいますが、必要最小限にとどめておくべ

 きでは。


 簡単なことです。

   
 注意点は、海面をライトで照らしたり大きな音をたてたりしないことです。

 要は魚に警戒心を与えずに釣りをすることが釣れる可能性を高めることになると

 思っています。

   
 たまに海岸で火を焚きながら夜釣りをしている人を見ますが、これは完全アウト。
 
 なにより危険ですし焚き火の明かりで魚が寄り付くはずもなく、その夜はまずボ

 ーズでしょう。


 なぜなら自然界に住む魚にとって夜の光は月以外不自然なのですから・・
 

 
 次回もお楽しみに。
 

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ◇◆ PRコーナー ◆◇

 田原総一郎氏「大絶賛!」、テリー伊藤氏も「あ然!」とした

 パソコン ド素人のサラリーマンが

 1日20分の片手間副業で月収273万円を

 らくらく稼いだ方法

 ⇒ http://www.infocart.jp/t/38763/5318531/
 

 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング ←よろしくおねがいします

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
リンク
ブログランキングに参加中です。応援クリックを頂きますと大変うれしいです。よろしくお願いします。                   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 釣りブログ 夜釣りへ


フリー
    
プロフィール
HN:
genta
性別:
男性
趣味:
ナイトフィッシング・フィールドクリエイター
カウンター